2009年11月07日

レバレッジ

続いて「レバレッジ」マニュアルのくりっく365版の紹介です。
くりっく365は私設のFX取引業者に比べてレバレッジが低く設定されています。
私設のFX取引業者にはレバレッジを1000倍以上も可能にしている業者がいます。
このような取引業者の場合は、初期の投資金額が1,000円という破格値で始めることができます。

それではくりっく365のレバレッジはどうなっているのでしょうか。
くりっく365では最大30倍程度のレバレッジ設定です。
ですから初期の投資金額は4万円以上必要になります。
それでも他の金融商品である商品先物取引や株取引に比べたら断然安い初期投資金額であることに変わりはありません。
しかし他の私設のFX取引業者と比較すると高い金額設定だと思ってしまいます。
実際にくりっく365で4万円の初期投資でFXを始めたとして、利益は数千円程度しかありません。
そこから数百円の手数料を引くと利益がほんの少ししかありません。
くりっく365の初期投資金額を最低でも10万円以上にしたいといったのはそのためです。
元金がないと大きく利益を得ることができないのが、くりっく365の難点です。
逆にいうとレバレッジが20倍〜30倍程度なので大きな損失もないというのが利点です。
レバレッジの基本的なマニュアルとしては、まずは安心で信頼のおける低目のレバレッジ設定のくりっく365で初心者は始めてみる。
そして慣れてきたら私設のFX取引業者で高いレバレッジを設定して多くの利益を得るというところです。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手数料

続いてFXを行う際の手数料に関するマニュアルです。
くりっく365では手数料が高めに設定されています。
高めといっても、数百円程度のことなので他の金融商品である商品先物取引や株式投資に比べたら断然安いです。
今、私設のFX業者では手数料を無料に設定するところが増えています。
その分スワップポイント、ロスカット手数料などから利息を得ています。
くりっく365ではこれらの行為を一切禁止しています。
ですからくりっく365が利益を得るためには、手数料をとるしかないのです。
しかしFXでは少額から取引が始められるので、たとえ数百円の手数料でも痛手です。
くりっく365のFX取引業者で利益を得るためには、ある程度の10万円以上の掛け金が必要でしょう。
くりっく365の取引業者の中でも手数料は違います。
例えば岡三オンライン証券などは、くりっく365の取引業者中、手数料最安値をうたい文句にしています。

またスプレッドについても、手数料同様コストとなります。
FX取引業者を選ぶ際に手数料だけではなく、スプレッドを見て選ぶことも大事なポイントです。
スプレッドについての基本的マニュアルとして、スプレッドの狭い業者を選ぶことが重要です。
岡三オンライン証券などは、手数料が片道73円と格安でスプレッドは他の業者より若干高めですが、差し引きすれば手数料として破格の安さを誇っています。
初心者が口座開設にするには、手数料が安いところから始めてみたいところです。
しかしシステムや使い勝手など取引業者によって大きく違います。
取引のメインとなる口座は、いくつかの取引業者を試してから決めるようにしましょう。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取引通貨

くりっく365の通貨マニュアルです。
くりっく365で取り扱っている通貨は13種類です。
一般的なイメージとして公的な会社なので、規制が厳しく取り扱い通貨も少ないような感じがします。
しかし実際はそうでもないです。
取り扱い通貨は、日本円を始めとして米ドル、ユーロ、カナダドル、豪ドル、英ポンド、NZドル、スイスフラン、ノルウェークローネ。
他にもスウェーデンクローナ、ポーランドズロチ、南アフリカランドン、香港ドルの13種類です。
この全ての取り扱い通貨を組み合わせた通貨ベアは23種類になります。
一般的に私設のFX取引業者が扱っている通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、カナダドル、豪ドル、英ポンド、NZドル、スイスフラン、南アフリカランドンまでです。
そのほかのノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、ポーランドズロチ、香港ドルはあまり取り扱われていません。
このことからしても、くりっく365の取り扱い通貨の数は優れていると言えます。
一般的に新興国の通貨だとスプレッドが大きくなってしまう危険性がありますが、くりっく365ならばそれも最小限に抑えることができます。
もしも新興国の通貨を扱いたいのであれば、くりっく365以上の取引業者はいません。

先程述べた「通貨ベア」のマニュアルです。
通貨ベアとは売買する2カ国の通貨の組み合わせのことを言います。
例えば、米ドルで買って日本円で売る、ユーロで買って米ドルで売るなどいくつもの組み合わせができます。
取り扱う通貨ベアの数はFX業者によって違います。
FXを始める際に自分で好きな組合せを選択します。
基本的に初心者が一番やりやすい組み合わせは、米ドル/日本円です。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。