2009年11月07日

くりっく365に関して比較すると言う意味

どの投資を行うにしても、先ずは業者選びから始めなければなりませんが、その業者の選び方も慎重にしなければならないと思います。

それはくりっく365を行う上でも同じ事です。少し前にFX業者が廃業になると言うケースがありました。その業者は信託保全率が100%を超えていると言う事で、とても人気があった業者だったのですが、金融庁がその業者を調査したところ、信託保全自体が全く行われていなかったと言う事が判明したのです。それによって業務停止命令が下され、結果的に廃業という形になりました。

人気がある業者だっただけに、廃業というニュースはかなりの衝撃だった様です。そこで取引所を使ってFX取引を行う「くりっく365」に対して注目が集まる様になったとの事です。くりっく365では今までのFXと比較して、証拠金を取引所が管理すると言うシステムを導入していますので、とても安全な形で取引を進める事が出来る様になっています。

また、税金面でも通常のFXと比較すると優遇されていますので良いですし、スワップポイントやスプレッドと言った基本的な条件も良いと思います。

今ではくりっく365に注目が集まって来るようになりましたが、それまでは人気もいまひとつと言った感じでした。その理由としては先入先出法と言う決済方法を取り入れていた事が挙げられます。古いポジションから順番に決済してく事で、自由に取引をする事が難しくなっていたのです。その方法も今では改善されていますので、これからのFX投資はくりっく365が中心になっていくかもしれません。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くりっく365を始めるにあたって

どの業者でくりっく365を始めようと思っても、先ずは各業者で口座を開設する必要があります。

口座を開設できる条件としては、いくつか有りますので挙げてみたいと思います。この開設の条件は基本的には同じ内容だと思いますが、業者によっても多少違う可能性が有りますので、各業者で条件を比較してみる必要もあります。

・口座を開設する時の年齢が20〜74歳である事
・日本語で対応が可能である事
・日本国内に居住していて、電話またはメールにて連絡が常に取れる環境にいる事
・個人情報を正確に記載する事
・くりっく365に関しての内容や仕組み、リスクに関して、きちんと把握し理解している事
・外為証拠金取引関係の仕事に就いていない人

等が挙げられます。口座を開設する流れとしては、ご自分が選んだくりっく365業者にインターネットで口座開設の申し込みをします。そこで、取引の内容について、リスクや仕組みについてきちんと理解した事を了承した上で、本人確認の書類を同封して申込書を業者に返送します。

その後、業者での審査が通ったら口座開設と言う事になります。審査に関してですが、現状お持ちの資産状況について、また収入が安定して有る事等が主な内容となります。

口座開設が出来たら、指定された口座にくりっく365を利用する上で必要な証拠金を入金し、利用開始と言う事になります。通常はこの流れが10日〜2週間位になると思いますので、余裕を持って申込をするようにしましょう。

各業者と比較しても、流れに関しては余り変わらないと思いますが、多少変わる所も有ると思いますので、各業者の内容をきちんと確認した上で申し込む様にして下さい。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くりっく365を行う上でのリスクとは

どんな投資方法を行ったとしても、リスクは必ずあると思います。もちろん「くりっく365」においてもリスクはありますので、そのリスクを色んな面で比較、理解した上で行う様にする必要があります。

以下に、くりっく365におけるリスクを挙げてみますので、比較してみて下さい。

【相場変動】
FXを行っている人は、くりっく365に限らず、利益を得る為に行っていると思います。損失を出すつもりは無くても、損失が出る可能性が充分にあると言う事を承知した上で投資を行う必要があります。

雑誌や本、テレビを見ると、主婦でも簡単に稼げるなんて謳い文句を書いている所もありますが、もちろん稼げるとは思うのですが、そう言った事でも充分な知識や経験が必要になるのです。

また、くりっく365ではレバレッジを使用する事が出来ますので、少ない資金でも投資を始める事が出来るのですが、レバレッジを大きくすればするほど、証拠金をかなり下回る可能性も出て来ると言う事になります。ですから、あくまでもご自分の余裕ある資金で行う事が必須となります。

【金利変動】
スワップ金利に関しては、毎日一定している金利ではありません。日々変化している物です。景気が良い状況であるなら、スワップポイントもスワップ金利も上昇傾向に出るのですが、金融危機になったらどの国でも同じ事で、下がってくる様になります。この事は階から入る人には不利な状況かもしれませんが、売りから入る人にとってはメリットでもあります。こう言った状況もきちんと把握した上でくりっく365を行う必要があります。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。