2009年11月07日

ロールオーバー

「ロールオーバー」と言う言葉が有ります。くりっく365のロールオーバーと言うのは、東京金融取引所で行っている、くりっく365のFX取引にて行われるインターバンク取引みたいな直取引で、取引所と取引所が指定したインターバンクの間で行われます。その中で通貨が交換される日を延長する事をロールオーバーと言う様に呼んでいます。

通常のFXでは期日期限があるのですが、くりっく365には期日期限がありませんので、自分の好きな時に決済をする事が出来ると言う事になります。ですから、通常のFX取引と比較すると、投資家にとってはとても都合が良いシステムと言う事になるのです。

とは言っても、もちろん注意しなければならない事も有ります。ロールオーバーを使って決済日を自由に決めたとしても、その間にかかってしまう課税に関しては考慮しなくてはいけません。業者によって利益に対する課税方法が違っていますので、思ってもいない所で経費がかさんでしまった。と言う事になってしまうかもしれません。

また、業者によってはロールオーバーを使った場合、課税対象としないと謳っている所も有るので、こう言った業者を選ぶと良いと思います。くりっく365を長期保有してロールオーバーの期限も長期に設定した場合、未決済分について課税が行われない、また手数料もかからないとなれば、余計な経費を使わずに済みますので、有りがたい事だと思います。

また安心感も高く、通常のFXと比較して、取引証拠金を東京金融取引所で管理している為に、業者登録基準を満たす事、純資産が30億円以上有る事と、くりっく365を行う為の業者側の基準が設定されていますので、安心して取引が投資家にとっては出来ると言う事になります。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くりっく365の証拠基準額

2009年2月9日より東京金融取引所では、くりっく365を行う時に必要な証拠金基準額を下げる変更を行いました。

これによって、くりっく365を取り扱っているFX業者では、今までと比較して必要証拠金額を大幅に下げる様に対処しました。もちろん、今までと変えていない業者もあります。しかし、場合によっては今までの通貨ペアで必要とされていた証拠金の、半分にまで下がった通貨ペアも有り、今までと比較してくりっく365を始めやすくなりました。

また、これに伴い最大レバレッジが今までより拡大される所もありますから、取引をする上で資金効率が上がる事になります。

しかし、この事に関して喜んでばかりもいられません。今までよりハイリスク・ハイリターンになると言う事になります。ですから、相場によっては考えられない方向に動いて損失が大きくなってしまったり、強制ロスカットと言う状況になってしまったりと言う事も大いに考えられます。

こう言った状況を避ける為にも、常に余裕を持った取引を行う様に、管理を充分に行いましょう。

もちろん、レバレッジが高くなったからと言って、その最大レバレッジで取引する必要は有りません。調整次第でレバレッジを低くして取引する事も可能ですので安心してください。

また、内容が変更になったからと言ってくりっく365のメリットである部分、税制の優遇、証拠金の保証、安全性等は変わらずありますので、安心して取引していただく事が出来ます。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くりっく365で資産運用を有利にする

「取引所為替証拠金取引」の事を通称「くりっく365」と呼んでいます。通常、FXと呼ばれる外国為替証拠金取引は、取引所を経由しないで行われる相対取引になります。それと比較してくりっく365は、公設取引所を介して証拠金取引が行われる様になっています。

通常行われているFX取引と比較してみると、くりっく365で行われるFX取引とは税制面に関してとても優遇されています。

通常、FXで資産運用を行って、大きく利益を上げた時に圧し掛かってくるのが「税金」の問題です。FXでは利益を出したら確定申告をしなければなりません。この場合、総合課税扱いとなりますので、その他の収入も全て含めて課税率が決まる様になり、最高50%の税金を納めなくてはならなくなります。更に、過去の損失分に関しては考慮される事無く、税金はあくまでも税金ですから、しっかり払って下さいと言った感じになっています。

こう言った事から、税金を払いたくなくて脱税をしてしまう人が増えていると言う事も有った様です。

これと比較すると、くりっく365はくりっく365で得た利益に対してのみ一律20%の税金を支払う、と言ったシステムになっていますので、税制面においてかなり優遇されている事が伺えます。

また、損失分に関しては向こう3年間の損益でカバー出来ると言った面も特徴です。

こう言った事から、くりっく365で資産運用をすると、有利に進める事が出来ると言う事になるのです。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。