2009年11月07日

信用リスク

次に「信用リスク」マニュアルです。
これはFX取引業者に預けたお金がなくなるというリスクのことをいいます。
昔はFX取引業者は会社の資産と顧客から預かった資産を一緒に管理していました。
ですから、この場合FX取引業者が倒産したら顧客のお金も一緒になくなってしまったのです。
実際にそのような被害にあった人がたくさんでて、報告されたトラブルも多くありました。
そして問題が大きくなってその後法律で規制されるようになりました。
会社の資産と顧客の資産を分けて管理するようにと法律で決められたのです。
しかしながら現在この法律は全てのFX取引業者に義務化されているわけではありません。
今現在も会社の資産と顧客の資産をまとめて管理している業者はたくさんいます。
こういった信用性の意味からも、くりっく365の取引業者をお勧めします。
信用リスク対策をきちんと行っている会社としてくりっく365の取引業者の右に出るものはいません。
くりっく365では、取引業者が倒産しても顧客の証拠金はしっかりと守られます。
他にもくりっく365の取引業者では、為替証拠金取引資格をクリアして、金融先物取引法での業者登録基準もクリアしていますから安心できる業者ばかりです。
信用リスクを回避するマニュアルとして一番は、くりっく365を利用することです。
二番目は、信託保全をきちんと行っている取引業者を利用することです。
取引業者を決める際に、会社の自己資本規制比率をチェックするのもポイントです。
会社の経営体質や安全性をみることができます。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。