2009年11月07日

くりっく365を行う上でのリスクとは2

リスクは投資に限らず、どんな事を行うにしても必ず付いて回る物だと思います。くりっく365に関してもそれは同じ事で、リスクは有ります。こう言った点を充分に比較、検討した上でくりっく365を行う様にしましょう。

【流動性】
通貨の取引に関しては、くりっく365において基本的に安全である事が特徴ですが、ストライキや政変等と言った状況に陥る事によって、通貨が変動しなくなる可能性も出てきますので、利益が上がりづらくなると言うリスクが出てきます。

【信用】
通常のFX投資の場合には、信託保全が行われていない業者と取引してしまうと、万が一破綻と言う事になった場合、預けているお金を失ってしまう可能性が出てきます。それと比較してくりっく365においては、東京金融取引所が証拠金を100%保全していますので、万が一業者が破綻したとしても、安全性はかなり高いと言う事になります。しかし、その安全性も100%と言う事ではありません。万が一の可能性がありますので、保全されないと言うリスクも背負った上で、くりっく365を行う必要があります。

【決済不能】
いくら、くりっく365は東京金融取引所と言う公的な機関を通して行われているFX取引とは言っても、投資家がくりっく365を行うには必ず業者を通して行っていると思います。その業者は取引サーバーを使用していて、そこと取引所で取引が進められるようになりますが、そのサーバーの強度は業者によって異なります。弱い業者は、注文が殺到するとフリーズしてしまって注文自体が出来なくなる可能性もありますので、そう言った点も注意しておく必要があります。
posted by くりっく365 at 10:58 | TrackBack(0) | くりっく365 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。